ネットの誹謗中傷を今日から  『書かない』・『書かれない』社会に変えられる!

ネットの誹謗中傷が急増し、止まることがないのが今の現状です。
==============================

1日でも早く解決したい、費用の負担がないほうがいい、精神的ストレスをなくしたい、2度と書かれたくない、失った信用回復をしたい、普通の生活に戻りたい
・・・。

そんな切実な思いに応えるため、監視システムは2005年から無償でこの問題に取り組んできました。
最初は何の知識も無く、ありとあらゆる方法を試し、こんなに苦しみ続けている人がいるのだから簡単に解決するだろうと甘く考えていました。

お金儲けでも、有名になりたいだけでも無く、ただただ書き込みで苦しみ続ける人を一人でも減らしたい。
気がついたら17年目、長年真剣にこの問題に向き合ってきたからこそ『監視システム』ができたのです。

社会全体がこの問題に真剣に取り組めるよう、全国にて被害者インタビューなどを行い、講演会や勉強会でこの問題を広く考える場を増やしてます。
緊急時は即時警察等に通報します。
2005年〜2021年3月現在まで、1500件以上の対策を実施し、解決(逮捕・炎上停止・削除・和解)などの実績が多数あります。
監視システムは弁護士ではありません。
したがって法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を行いません。
監視システム・監視内容詳細ページの記載内容は、警察、弁護士の判断のもとに作成致します。
書かれた人だけでなく、書いた人も間違えた認識・知識により突然犯罪者にならないための、情報と考える機会を提供しています。

-------------------------------------------------------
【個人の方の受理番号の発行、及びご相談について】
-------------------------------------------------------
只今、誹謗中傷監視システムのユーザビリティ向上のために更新を行っており、お問い合わせ及びご相談対応を休止しています。

問い合わせフォーム、公式ラインよりお問い合わせ頂いても返信出来ませんので、予めご了承下さい。

サービス再開はこのページでお知らせいたします。

今後は、ご相談を自動受付化し、より簡単で分かりやすい操作性で、
ご相談者だけでなく全ての関係者が専門知識を要さなくても使いこなせるよう、新しいフォームに生まれ変わります。

また、企業の誹謗中傷問題解決に注力することが波及効果が大きく、個人ひいては社会全体の新たな誹謗中傷の発生を抑止し、
減少させていくことに最も効果的だと判断し、当面は企業のご相談のみ受付をさせて頂くことに致しました。

活動資金や人材の確保を目指し、2月にクラウドファンディングを開催予定です。
これにより、近い将来に個人の相談対応が一日でも早く再開出来るよう、努めて参ります。

何卒ご理解を賜りますよう、宜しくお願い致します。

----------------------------------------
-----------メディア掲載実績------------
----------------------------------------

ニュース23・西日本新聞(1面)・中国放送・ジャパンタイムス・yahooニュース・gooニュース・47ニュース・司法ウォッチetc...

INFORMATION

  1. ネットの誹謗中傷に関する『刑法改正勉強会』に参加しました
お知らせ一覧
PAGE TOP