ネットを使うときの注意事項 知らないと危険!

侮辱罪

事実を摘示しないで、公然と人を侮辱した者

(刑法231条)

 

拘留又は科料。

事実を挙げず、不特定または多数が認識し得る形で人の社会的評価(名誉)を傷つける行為がこれに当たります。

名誉棄損罪と同様、不特定または多数が認識し得るという公然性が求められますが、事実を挙げていることの有無が違いとなります。

名誉棄損に当たるような具体的事実を示さずに、抽象的な事実で軽蔑したような場合は、この罪になります。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.