ネットを使うときの注意事項 知らないと危険!

偽計営業妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて,人の業務を妨害する罪

(刑法後段)

 

3年以下の懲役又は50万円以下の罰金。

客観的に嘘の噂を流したり、人を欺いて、職業や社会生活上の地位に基づいて継続して行っている事務を妨害した場合が、これに当たります。

判例は現実に業務が妨害されたという結果の発生を問わない(危険犯)の立場ですが、実際の結果が必要である(侵害犯)とする学説もあります。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.