誹謗中傷対策サポート

名誉毀損

  • HOME »
  • 名誉毀損

公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した場合に成立します。

公然とある人に関する事柄を摘示し、その人の名誉を毀損した場合に成立する(刑法230条1項)。法定刑は3年以下の懲役若しくは禁錮または50万円以下の罰金である。
毀損された名誉が死者のものである場合には、その摘示内容が客観的に虚偽のものでなければ処罰されない(刑法230条2項)。ただし、名誉毀損をした後、名誉を毀損された者が死亡した場合には、通常の名誉毀損罪として扱われ、当該事実が虚偽でなかったということのみでは免責されない(刑法230条の2の適用が問題となる)。(刑法230条1項)

PAGETOP
Copyright © cyber-auditor All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.